フライタックル

タックルの選び方

「これからフライフィッシングを始めたい、別のフライフィッシングを始めたいんだけど、どんなタックルを使えばいいの?」
フライフィッシングは釣りたい魚の大きさやパワー、または河川の規模や湖の止水など、あるいは釣り方などの条件で使用するタックルが違ってきます。つまり、自分がどんなフィールドでどんな釣り方で、どんな大きさの魚を釣りたいかでタックルは決まります。
ここでは、それぞれの道具についてご説明します。
マスターのタックル準備中!)

対象魚とタックル

ロッド・リール・フライラインにはそれぞれに番手が指定されていて、対象魚・フィールドに合わせて選びます。

サイズ(番手) 対象魚 フィールド 釣り方 タックル
#1~3 30cm未満の
小型トラウト
渓流域
管理釣り場
ドライフライ
ルースニング
DTライン
5’~8’台のロッド
#1~3用リール
#4~5 30~40cmの
中型トラウト
中~本流域
管理釣り場
ドライフライ
ウェットフライ
ストリーマー
DT及びWFライン
8’~10’台のロッド
#4~5用リール
#6~7 40~60cmの
大型トラウト
本流域
ダム・湖などの止水域
管理釣り場
ウェットフライ
ストリーマー
パワーウェット
WF及びSTHシステム
9’~13’SH及びDH
#6~7用リール
#8~9 サーモン
サクラマス
ソルトフィッシュ
大河川
ストリーマー
パワーウェット
ソルトフライ
STHシステム
12’~15’DH
大型リール

▸フライライン

(取扱メーカー: SCIENTIFIC ANGLERS )

フライフィッシングのタックルで、一番大切なのはフライラインです。
フライラインには、#0~#13(上限はよくわかりませんが)など、番手でパワーが分けられます。
#0~#1は最も小さい魚を釣るラインで、#8~10クラスになると、1mくらいのサーモンなどを狙う番手となります。
フライラインの選択は重要なので、詳細ページでご確認ください。

ロッド

(取扱メーカー:K2 / G.Loomis / Epic / ORVIS / echo / R.L.Winston / etc.)

番手の数字が大きいほど大きく重くなります。
ロッドには「シングルハンド」「ツーハンド(ダブルハンド)」「スイッチロッド」とタイプがあり、
・「シングルハンド」は近・中距離用で片手で振るロッド
・「ツーハンド」は中・遠距離用で両手で降るロッド
・「スイッチロッド」はシングルとツーハンドの中間
というイメージです。

リール

(取扱メーカー: Cheeky / Bauer / Waterworks / Wychwood / Echo / ORVIS / ROSS REELS / etc.)

フライラインを巻き取っておくための道具です。キャスト時などラインを引っ張り出します。
リールにドラグと呼ばれるブレーキのような機構があり魚がかかったときにラインにテンションをかけてくれます。
また大きな魚がかかったときは、リールを巻いてファイトしますが、魚が小さいときはラインを直接引きランディングをします。

▸リーダー・ティペット

(取扱メーカー: Flux / Cortland line / Frog Hair )

リーダーは、フライラインの先につける、透明なテーパーラインです。
長さは主に7.5ft / 9ft / 12ftの3種がありますが、メーカーにより様々な長さやデザインのものがあります。
私は、フルックス社のSFリーダーの9ftと12ftを主に使っています。(また、当店には7.5ftのリーダーは、在庫しておりません。)
リーダーティペットの場合は、数字が小さくなるほど太くなります。
・7X/6X/5Xは#1~3くらいのロッドで、主にドライフライなどに使います。
・4X/3Xは、#5~6のロッドで主にウェットフライやストリーマーなどのリトリーブの釣りに使います。
・2X/1Xは、#6~8のツーハンドロッドなどで、本流や止水域での大型トラウトのウェットフライやストリーマーのリトリーブに。

フライ(毛バリ)

水生昆虫やベイト(小魚)などを模した疑似餌
フライフィッシングをするうえで、キャスティングや実釣と同じように重要なのが「フライタイイング」です。
自分でフライを巻き、魚を釣るという一連の流れがフライの面白さでもあります。
フライにも大きさ・種類が沢山ありますので、お店にてご質問ください。笑