フライラインについて

 フライラインには種類が沢山あり、初心者にとっては複雑に感じる部分でもあると思いますが、フライフィッシングにおいてはとても重要です。それぞれのポイントで、そこに合ったシステムで釣りをすることが魚とのコンタクトには一番の早道です。面倒くさがらずにこまめにシステムを変更し、適切なシステムで釣りをすることが重要です。

ラインの種類

1.DT(ダブルテーパー)ライン

 主に、1~4ロッドで渓流~中流域のドライフライ、ウェットフライ、ルースニングに使用します。
ど真ん中から真っ二つに切ると、両端が同じテーパーデザインのライン、つまり真ん中が太いラインです。 キャスト後の細かいライン操作がしやすいのが利点です。複雑な流れの渓流~中流域において、メンディングをすることで意図的に流れをかわします。ラインにテンションをかけずに出来るだけ長くナチュラルにフライを流すことで、魚とのコンタクトチャンスを増やすことができます。

Frequency Trout/Mastery Wavelength LDL/Wavelength Finesse

2.WF(ウェイトフォワード)ライン

 7~8mから10数mのテーパーデザインの後ろに、レベルライン(同じ太さのライン)があり、全長で約24m~27mのラインです。ロッドティップからレベルラインを50~100cm程度出してキャスティングします。
単純に投げやすいラインです。一番よくつかわれているラインですが、私はあまり使っておりません。

Frequency Trout/Amplitude smooth Trout/Amplitude Smooth Creek Trout/Amplitude Smooth Infinity

3.STH(シューティングヘッド)システム

 30~40mのシューティング(ランニング)ラインと呼ばれるラインの先に、シューティングテーパー(ヘッド)と呼ばれるラインを繋いだシステムです。
なぜそのようなシステムが?って思われる方もいらっしゃるでしょうね。
シューティングテーパーには様々なタイプ・長さのテーパーデザインがあり、釣り場の多様な状況に応じてシューティングテーパーをこまめに交換することで、魚の居る層を探りやすくするためです。

 様々なタイプのテーパーデザインとは、水面に浮かせることで表層を狙うフローティングラインや、水中に沈めて中層や深層を狙うシンキングラインなどがあり、シンキングラインは各シンクレート(沈下速度)ごとに分類されています。
キャスティングの面においても、単にオーバーヘッド用のみならず、今流行りのスペイキャスティング用のラインなどがあります。

また、レベルラインにも、モノコアライン、ブレイデットコアライン、モノフラットラインなどがあります。モノコア、ブレイデッドコアラインは、普通のフライラインの材質で、より細く丈夫に作られていて、キャスティングの飛距離も出やすいです。モノフラットは比較的安価で大変滑りが良く、飛距離も出やすいラインですが、丁寧に使用しないとキンクなどのトラブルが起きやすいラインです。

 私は普段から、マスタリーのアトランティックサーモンショート(テーパー)とモノフラットコアライン(シューティング)をつなげたシステムをよく使っております。1組のロッドとリールで最大5~6本のテーパーを使用します。マスタリーのアトランティックサーモンショートは、オーバーヘッドでもスペイでもどちらでもキャストできるので一番使用頻度の高い、使いやすいラインです。

Atlantic Salmon Short SWTスイッチロッド用/DHダブルハンド用/SHシングルハンド用

4.スカジットヘッドシステム

スカジットキャストのために作られたシューティングラインとスカジットヘッドラインを繋いだラインシステムです。
スカジットキャストはスペイキャストから進化したためSTHシステムにシステムが良く似ています。ですが、スカジットヘッドは、同じ番手のシューティングテーパーに比べ、短く太くすることで、従来では投げられなかったような重たいフライのキャストを可能にしました。

ライン自体は、「ボディー」と「ティップ」に分かれ、 ボディーは「フローティングライン」と「シンキングライン」、ティップは「フローティング」のほか、4種類のシンキングタイプがあります。
釣り場の状況に合わせて、いずれかの「ボディー」と「ティップ」を組み合わせます。

 このラインはオーバーヘッドキャストは出来ません。スペイキャストから派生したキャスティングテクニックですが、コンパクトさや投げやすさを追及した独自のスタイルです。このキャスティングを覚えれば釣り自体がものすごく楽になりますよ。

Spey Lite Skagit Head

ラインの重要性について

―挫折しないためにもー

 フライフィッシング初心者の方が挫折する理由として一番多く上がるのは、「キャスティングが上手くできない(上手くならない)から」、二番目が「正しいキャスティングを教えてくれる人がいないから」です。ですが実は、「キャスティングが上手くできない」原因の一つが【フライラインの質】にあるんです。残念ながら多くの人はそれを知らずに挫折してしまいます。

 どういうことかと言うと、安価なラインなど滑りが悪いものだと、キャスティング時に力んでしまい、ラインの軌道が乱れ、ライントラブルが起きたり、結果的に飛距離を出せなかったりします。それが続いてしまうと伸び悩んで「フライキャスティングって難しいなぁ」ってことになって諦めてしまいます。

 反対に、滑りがいいラインであれば、力まずに安定したキャスティングができて、飛距離も出しやすくなります。そしてそれは、実釣の際のストレスを大幅に減らす事にもつながります。さらに、耐久性のあるラインは、買い替えの頻度も少なくて済みます。

 末長くフライフィッシングを楽しむためにも、フライラインはできるだけ高品質の物をお勧めします。

SCIENTIFIC ANGLERS MASTERYディーラー

 当店はサイエンティフィックアングラーズの「マスタリーディーラー」となっております。
マスタリーディーラーとは、フライフィッシングに精通し、製品に関する専門的なアドバイスができるスタッフがいると認定された店舗です(地域一店舗)。そのため、ディーラーのみが取り扱うとかができる、マスタリーシリーズを一番多くとりそろえております。このマスタリーというラインは、サイエンティフィックアングラーズ製品の中でも最高峰の品質です。とても滑りが良く、コーティングも素晴らしいメンテナンスフリーのラインが多いのです。

ロッドよりもリールよりも、まずは良いラインを選んでください。もしかすると、ロッドよりリールよりラインの方が高い場合があります。ラインはそれほど重要ですよ。




▸フライタックルに戻る